平成18年9月1日より、國富胃腸病院開設管理者を
父より引き継きました國富彩でございます。
 当院は昭和47年4月、国富病院として開設以来35年間、消化器外科を中心とした胃腸専門病院として地域の方々に広く強いご支援をいただき、お陰を持ちまして今まで地域に密着した医療機関として貢献して参りました。順調に業績を上げ発展して来れましたのは、一重に地域の皆様方からのご支援を頂き、信頼関係を築き続けて来られたおかげと大変嬉しく思っております。心から御礼申し上げます。
 高齢化社会の到来をいち早く検討し、介護面においても地域社会に貢献すべく昭和57年から、高齢者問題に取り組んでまいりました。以来25年、胃腸科一般病棟50床、介護療養病床を280床、計330床を有す る病院に成長し、地域の方々に強い信頼を得られたと自負しております。
 しかし高齢化社会の到来と共に、医療介護をとりまく環境は変わりつつあります。この様な社会環境の中で、私たちは今までと変わらず國富胃腸病院が築いてきた信念をぶれることなく継承し、より強いものにしていくことで時代に対応した医療と介護を提供できるよう、一意専心努めてまいりたいと思っております。まだまだ未熟な身ではございますが、今後より一層のご指導ご鞭撻を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

1 どのような痛みの相談にも応じます。
2 患者さまの意思に基づいて治療を致します。
3 胃内視鏡検査、大腸内視鏡検査は、全く苦痛なく行います。


 総病床数330床

一般病棟50床
療養病棟180床
介護療養型医療施設100床

一般病棟
1日に11人以上の看護職員(看護師及び准看護師)が勤務しています。
なお、時間帯毎の配置は次のとおりです。

朝8時30分〜夕方17時まで、看護職員1人当たりの受け持ち数は6人以内です。
夕方17時〜朝8時30分まで、看護職員1人当たりの受け持ち数は17人以内です。

付添い看護は、一切必要ありません。 
介護療養型病棟
看護職員が患者さま6人に1人以上、
看護補助職員が患者さま4人に1人以上がおります。


一般病棟入院基本料10:1

療養病棟入院基本料 1
  褥瘡評価実施加算
  療養病棟療養環境加算 2

介護療養型医療施設 I 型

薬剤管理指導料
無菌製剤処理料 T
外来化学療法加算2
脳血管疾患等リハビリテーション料(T)
運動器リハビリテーション料(T)
麻酔管理料
入院時食事療養(T)
入院時生活療養(T)
後発医薬品使用体制加算1
感染防止対策加算2
救急搬送患者地域連携受入加算
がん治療連携指導料